コミティア

DVC00054.jpg(=゜ω゜)ノ鳥毛本舗ーほ21b
posted by KIKI at 10:18| Comment(0) | ケータイ投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

DVC00053.jpg何これ?(´_ゝ`)
posted by KIKI at 12:53| Comment(2) | ケータイ投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

映画

DVC00052.jpg(=゜ω゜)ノ
posted by KIKI at 10:40| Comment(0) | ケータイ投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

コミケ92轟天道場

DVC00051.jpgコミケ設営完了です。
posted by KIKI at 09:52| Comment(0) | ケータイ投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

本作っている(´_ゝ`)

DVC00049.jpg暑くなくて良かった(´_ゝ`)
posted by KIKI at 11:05| Comment(0) | ケータイ投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

脱落

新体操会社先生が体調不良で脱落です(´・ω・`)
1人コミケ(´・ω・`)
posted by KIKI at 08:13| Comment(0) | ケータイ投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

◆宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第二章「発進篇」◆をオッサンたちは鑑賞。

 新宿ピカデリーのシアター1(580席)で『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第二章「発進篇」』を鑑賞。10時55分から上映回でしたが席の埋まりは2割程の入りで、その内訳はオッサン8割おばさん1割若者1割という加齢臭漂う環境です。私も加齢臭漂うオッサンの割合に入っております。大丈夫かヤマト( ´∀`)まぁ、購買力的にはオッサン連中のほうが良いかもしれませんな。

 ストーリーはヤマトがテレサのメッセージを受け地球を発進して第十一番惑星でのガトランティス軍との交戦までの話。こう書くと簡単ですが、ここでの話が実はとても大事で78年版の劇場作品とTVシリーズのヤマト2共に、テレサのメッセージを受けてのヤマトクルーの行動がイマイチ見ていて納得出来ないのです。地球の復興と軍拡に感傷的になっている時にテレサのメッセージを受けて、後先考えず意味の分からない使命感だけでテレザート星に向かう感じなのです。今作品はそこの『なぜ行くのか』を丁寧に作ってあり、後押しをするガミラスの思惑や地球側の対応も絡めてストーリーに乗れて見れました。

 今回の目玉は『コスモリバースシステム』の設定のSF的面白さでしょう。なぜ地球が3年という短い期間で急速に軍拡を進められたかを、『コスモリバースシステム』を動かすことによって起きるシステムの『特異点』化という現象で、周囲の空間の時間が何倍ものスピードで進んでしまうという事で説明してしまいます。要するにそこで武器を作れば何倍ものスピードで生産できるという恐ろしい状態なのです。一種のタイムスリップ物ですが、地球上のその場所だけ時間のスピードスが変わるというそれだけで話が一つ作れそう。知らないだけであるのかもしれませんが( ´∀`)

 しかし、それだけヤバイシステムなのに古代が簡単に見に行けちゃうのはどうかと思います。前回、古代が月のガミラス大使に会いに行くのには大変な苦労をしているだけに、それに比べてあまり緊張感が無くセリフだけで済ませてる感が…。他に演出的な所でチョットと思う場面は、ヤマトクルーが発進準備を進めている所に反乱を鎮圧する為に鎮圧部隊が派遣されますが、まったくの無能連中で役に立ちません。その為、ただドタバタしているだけに見えて簡単に発進してしまいます。

 その一方でヤマトとアンドロメダの一騎打ちの場面は中々面白い演出でした。ヤマトがあのアステロイドベルトの小惑星をコントロールして周囲に防御壁を作りアンドロメダの攻撃を避けるという絵は最初のヤマトTVシリーズ初期設定を含め色々感慨深い。

 もうちょっと、古代進と森雪の話を盛り込んでもいい気がするんですよ。加藤三郎と真琴の話が良いだけに、また前シリーズの様に影が薄くなりはしないかと心配してしまいます。

 クラウス・キーマン役の神谷浩史のドS演技は最高です( ´∀`)女の子がキャーキャー言うのもわかりますわ。

 そしてまたあの『大戦艦』が大活躍!予告でもスゴイ事になっております。

P_20170629_104330.jpg

 紀伊國屋でブラブラして帰宅。遅い昼食を箱根そば町田北口店にて『冷やし肉おろしそば460円』を注文。美味しゅうございました。
posted by KIKI at 21:45| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

オッサン『アルチンボルド展』でハプスブルグの夢を見る。

 上野の国立西洋美術館にて『アルチンボルド展』を見学。

DSC03649.JPG

 初日だからかジュゼッペ・アルチンボルドがマイナーだからかわかりませんが、そんなに人も多くなくゆっくり展示品を観ることが出来た。

DSC03648.JPG

 宮廷画家であったアルチンボルドの作品は果物や野菜や魚などをモチーフに使い肖像画を描いたものが有名です。中学高校の美術の教科書にも載っており誰でも一度は見たことがあるのではないでしょうか。彼の作品は近代になりシュールレアリスム画家たちに影響を与えたそうです。

 当時の神聖ローマ帝国歴代の皇帝がたちが芸術を理解し保護していた為、彼のような作品を送り出すことが出来たのかもしれませんね。タニマチは金を出しても口出すな( ´∀`)

 素描やデッサンもあり中々楽しめましたが、揃って展示されるはずの四季と四大元素の作品の内、『火』と『大気』が6月24日からの展示になっていたのは残念(´・ω・`)

 自分の顔を取り込みモニターにアルチンボルド風の自画像にしてくれる、お遊び的な事をしていましたが…これが私です。

P_20170620_104607.jpg

 満足しつつ外出る。小学生のグループや外国人グループの脇を抜け上野公園を出る。

DSC03652.JPG

 昼ごはんに上野の韓国料理屋に入り焼肉定食。いつもながら腎不全患者の食い物ではありませんな。外で食べる時だけなのでご容赦をお願いします。

DSC03656.JPG
posted by KIKI at 20:07| Comment(0) | 展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

アーサーはキングにジョブチェンジした。『キング・アーサー』

 「わたしは、ダニエル・ブレイク」を厚木で観ようと思ったら先週で終わっている(´・ω・`)

 仕方なく、いつもの海老名イオンシネマで『ローガン』か『キング・アーサー』観ようと昼の時間に向かうと、娘を連れた奥様連中で平日なのにすごい人だかり。聞き耳を立てると『美女と野獣』を待っているらしい。子供のうちからディズニーで洗脳してしまうとは。。。しかし、奥様友達ばかりなのに化粧もファッションもバッチリ決めてます。

 まぁ、ブロックバスター的な『キング・アーサー』は大画面で見たほうが良いだろうとそちらに決める。TOHOシネマズでは3D上映やっていたのだけれど吹き替えではなく字幕。TOHOシネマズの3Dの字幕では良い思い出がないのでイオンシネマのハッピーマンデー割引で1100円で鑑賞。

 学がないのでアーサー王伝説の概要しか知らないまま観ましたが、日本で言えば戦国無双的なストーリーと考えて良いのかな?と、思っていたら日本で最初に付けられていた邦題は『キング・アーサー聖剣無双』だったらしいですね。今回の映画の映像的に自分はあっていると思いました( ´∀`)

 ストーリーは主人公アーサーの父親ユーサー王が弟にクーデターを起こされ、父と母が身を犠牲にして幼い主人公を逃がす。スラムの売春宿の女たちにアーサーは拾われそこで育って…という感じ。どうしてもこういうアクション映画では主人公の人格形成の演出部分で弱い感じで進む事がありますが、大人になってからの用心棒ぶりがカッコ良いのでは自分的にはOKでしょう。岩から引き抜いたエクスカリバーも使えず、反乱軍に加わるのも嫌がっていたアーサーですが、自分の友人たちや自分が育った街を守ろうとすることで話が進んでいきます。どの映画でも言えることですが主人公の目的意識がはっきりしていれば観ている方は映画のストーリーに乗っていけると思いますので、変に情緒的な父親の敵討の話では無い所が良かっです。ただ、ジュード・ロウ演じる父親の弟が自分の嫁と娘を犠牲にしてまで権力を持ち続けようとしますが、そこまで破綻している性格がイマイチわからない。ジュード・ロウの演技が良いのでそこが残念。

 アクションシーンはすごかったです。やっぱり3Dで見れば良かったかなとも思ったくらい。アーサーが剣を振り回す戦闘シーンはまさに無双状態です( ´∀`)ただ、ゲームにおける中ボスが居ないのであっさりボス戦になるのはどうかと。魔法使いが出てきますが変にファイヤーボールとか撃ちまくるのではなく、鳥や動物を操ったりしての補助的な役割なので、そこでの戦いのインフレはないです。

 そういえば魔法使いのマーリンが出てこないで弟子か何かの女魔法使いが活躍していたが何なんだろう?シリーズ化したいみたいなので続きで正体がわかるのだろうか。ただ、アメリカでは評判が悪いらしいので続編が出るかどうか…。

 ( ´∀`)☆☆☆★★( ´∀`)

 デヴィッド・ベッカムは声が高いな( ´∀`)
posted by KIKI at 18:57| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする