2019年01月31日

◆『機動戦士ガンダムNT』観てきました(*´∀`*)

◆『機動戦士ガンダムNT』
20190130_155655.jpg
 「横浜ブルク13」で「機動戦士ガンダムNT」観てきました。16時45分からの上映回でスクリーン10の106座席に20人程。おっさんから大学生くらいまでで女性は20代くらいの一人だけ。平日のこの時間にしてはよく入ってます。

 「奇跡の子供たち」と言われたヨナとミシェルとリタ3人の数奇な運命を、暴走して行方不明になっていたユニコーンガンダム3号機フェネクスの捕獲作戦を絡めたストーリー。

 上映時間90分。テンポよく話が進むので時間が早く感じました。無駄な部分を削ぎ落とした感じで自分的には超好みな演出です。ちょっと間違えれば総集編的な映画になりかねないのに過不足なく3人の関係性を挿入してきて、モビルスーツの戦闘シーンもふんだんに入っています。まぁ、戦闘シーンはおじさんには少し動体視力が追いつかなくなってます。昔はマクロスのバドワイザーミサイルも見えたのに。。。
(*´∀`*)
 ユニコーンガンダム3号機フェネクスなんかレイズナーっぽいなぁと思っていたらレイズナーV-MAXの効果音を使っているらしい。さすがです。
(*´∀`*)
 最初、ちょっと古めというか濃いめというかのキャラクターデザインに違和感あったのだけど、すぐにそんな事は気にならなくなる。ただもうちょっと髪の毛の情報量はあっても良かったかなぁとも思う。連邦軍のパイロットたちの造形は好み。渋い。
(*´∀`*)
 富野由悠季氏はもうニュータイプはやりたくなさそうなので、こういう形でニュータイプの話を再構築するのは古いファンとしては大賛成。ただ、なんかゲッターロボとかイデオンぽくなってきてる気もしますが。主人公3人の人物構成はラブコメの設定そのものなんだけれど、90分の映画の中ではその構造がわかりやすくストリーに落とし込めていて、観ている側として入り込みやすかったです。
(*´∀`*)
 ラストに向けて「奇跡の子供たち」の悲劇が因果律を超えて、この話を終わらせるためのものだったのを暗示している感じがしてちょっと悲しい。結局は居場所のない(居場所をなくさせられた)人たちがその世界を右往左往しているだけじゃないのかとか思ったりして。

 ちょっと早めに横浜行ってテクテクテクテクしていました。
(*´∀`*)
20190130_145459.jpg
20190130_151445.jpg
posted by KIKI at 10:06| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: