2019年08月17日

残暑見舞い。

暑いですね。
(ヽ´ω`)
春麗イラスト817.jpg
【関連する記事】
posted by KIKI at 21:05| Comment(0) | イラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月13日

夏(ヽ´ω`)

うる星やつら01.jpg
posted by KIKI at 21:16| Comment(0) | イラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月29日

梅雨の合間に『アンノウン・ソルジャー 英雄なき戦場』観てきた。

 新宿武蔵野館に『アンノウン・ソルジャー 英雄なき戦場』を観に行く。金曜日10時の回、客は30人ほどで自分が見る限りすべて男。中年以上が多し。

 舞台は1941年から始まるフィンランドとソビエトとの継続戦争でのフィンランド軍兵士たちの物語。

 継続戦争というからにはその前にもう一つ戦争があり、1939年11月から1940年3月の間にあった冬戦争がそれ。当時のフィンランドを巡る状況は具体的に説明するとめんどくさいので簡単に説明すると、独ソ不可侵条約で「フィンランドがソ連の勢力範囲ですよ」と当事者不在で決められ戦争をふっかけられた感じ。
 当時のソビエト軍は粛清で有能な指揮官がおらず、一方のフィンランド軍も死に物狂いで防衛したため、フィンランドの領土の10分の1を獲得したもののソビエトが完全にフィンランドを勢力圏下に置くことはできなかった。
 それを見ていたナチスドイツが「ソビエト軍弱いジャン!」と考えて始めたのが独ソ戦。フランス・イギリスともフィンランドには同情的だったけれど、地理的なこととナチスドイツとの軍事的な緊張状態で援助が受けられずフィンランドは自分を売り渡したナチスドイツと結びつき、独ソ戦開始とともにそれに乗っかり旧領土の復活を目論んだのが継続戦争です。
 (ヽ´ω`)

 映画内容は「愛国心バリバリひゃっほー」みたいな話ではなく、当時の一般兵士の戦争に対してのモチベーションがよく現れてます。最初のうちは領土回復のための戦争であることで戦意高く進みますが、領土回復後に戦争が終わることはなくソビエト領土内へ進行し、今度は自分たちが侵略者に変わります。戦争が長引くに連れ少しずつ厭戦気分も漂い上官や政治家を皮肉ったりします。この辺りは原作者が当時の戦争の従軍兵士だったのでリアルなのでしょう。後退戦で戦力比を無視してひたすら無謀な攻撃を命令する上官は敵軍以上に脅威です。
 (ヽ´ω`)
 その上官の死にっぷりはなかなか良いです。
 (ヽ´ω`)

 地べたを這いずる歩兵戦においては地味で着実な戦いが生き残るすべであり、英雄的な行動は得てして死を招きます。主人公の一人の冬戦争からの戦闘経験豊富な古参兵ロッカ伍長は、若手将校のカリルオトがやろうとした突撃を止め少しずつ塹壕を潰していきます。この映画全体の演出が上手いのですが塹壕戦での敵兵がよく見えません。塹壕はジグザグになっており、よく見えない敵に手榴弾を投げ近づき銃を撃つということを繰り返します。地味だけど緊張感があります。
 後半において無謀な戦闘で部隊の士官が尽く戦死していき戦線が崩壊します。ロッカが部隊を渡河させて後退させていたときも、森林からの攻撃は敵のマズルフラッシュしか見えず、近づいてきているはずの敵が見えないのが心理的に怖いです。
 (ヽ´ω`)

 ロッカ伍長、時々ニュータイプ的強さを発揮しますが、アムロと違うのは「相手は人間ではなく敵だ」と言って殺しまくります。塹壕で歩哨中にそこらに落ちている木で彫刻やって懲罰を命令されますが、「そんな無駄なゲームはしたくねぇ!」と言ってやらず、逆に歩哨中に敵を捕まえちゃいます。その戦功で特別休暇もらって妻の元へ。スゲェなロッカ伍長。
(ヽ´ω`)

 途中でロッカと他の仲間二人とでロシア人女性のアパートみたいなところへ行くのですが、売春的なことなのか何なのかいまいちわからず。日本での上映版が本国版に比べて,だいぶカットされてるせいなのか?
(ヽ´ω`)

 マキシム重機関銃とかラフティ対戦車ライフルとか軍オタが好きそうな武器もふんだんに出ます。T34戦車も出ますが本物っぽいのでフィンランドが鹵獲してたものかな?流石に戦車を壊すシーンは煙だけだして破壊した感じにしてます。
 (ヽ´ω`)

DSC_0101.jpg

 サウナシーンがフィンランドっぽい。
 (ヽ´ω`)

 2時間以上ありますが全く長く感じず、フィンランド本国版もみたいですね。
 (ヽ´ω`)

 (ヽ´ω`)☆☆☆☆☆(ヽ´ω`)

DSC_0102.jpg
DSC_0103.jpg

 歌舞伎町ブラブラして昼ごお半食べて帰宅。
 (ヽ´ω`)

posted by KIKI at 10:00| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月18日

(ヽ´ω`)『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』を観てきたら、お腹いっぱいになる(ヽ´ω`)

 月曜の昼過ぎにイオンシネマ新百合ヶ丘へ出撃。大量の若い女の子がイッパイいるのでなんだろうと思ったら劇場版のテニプリらしい。男連れはアラジンか?コーヒー飲もうと思ったけれど、売店に人があまりにも並んでいるので諦める。
 (ヽ´ω`)

 14時25分の上映回で20人ちょっとで男女比6/4くらい。最初に入場したとき自分以外誰もいなかったのだけれど、遅れてみんながポプコーンや飲み物など大量に持って来たので、まぁそういう映画だよなと。
 (ヽ´ω`)

 話の内容は元軍人が率いる環境テロリストが、モナークの管理している怪獣を復活させて地球環境を回復させようという感じ。それにゴジラに息子を殺された科学者家族の人間模様が絡まる。
 環境テロリストのバックボーンがイマイチよくわからないので、それなら秘密結社的にして話にあまり出さなくても良かったのではとも思う。モナークの怪獣オタクたちが右往左往しているのが見ていて楽しいのだし。
 科学者家族の娘が健気でいい感じ。ダメ夫婦のもとでよくこんなに健全にスクスクと育ってと、生暖かい目線。演じてる女の子がものすごく上手かった。
 芹沢博士演じる渡辺謙がカッコ良すぎて、自分的にはこっちにもっとスポットを当ててもといいかなと思ったり。引きのちょっとした画面でも演技していてそっち見ちゃう。惚れます┌(┌^o^)┐ホモォ
 (ヽ´ω`)

 怪獣の戦闘シーンは文句なく盛り上がります。キングギドラの演出が神がかっていて引力光線を撒き散らすシーンは「それを待っていたッ!」って握りこぶし。燃えます。なんかもう倒せなそうな感じがキングギドラ。そしてエンドロール後のシーン(*´∀`*)
 ゴジラの造形は色々言われてますが、体型は良いんだけどもうちょっと目がハッキリしてる方が良いかな。ちょっと引きの絵になると顔が小さいせいか目がわかりにくい。。。ゴジラの目が好きなので次はそこはなんとか。
 (ヽ´ω`)
 キングギドラより宇宙怪獣っぽいデザインの奴がいた。
 (ヽ´ω`)

 途中で軍隊の攻撃が効果がなくて世界中で怪獣が暴れまくるのをセリフで済ませますが、ちょっとアメリカの第7艦隊とかが怪獣に壊滅されるのを見たかった。
 (ヽ´ω`)

 怪獣好きにはお腹いっぱいです。
 (ヽ´ω`)

 (ヽ´ω`)☆☆☆★★(ヽ´ω`)
posted by KIKI at 08:58| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月28日

『アメリカンアニマルズ』観てきた(ヽ´ω`)

  新百合ヶ丘イオンシネマ18時55分から上映。30人位入っていて男女比は6:4。この時間にしては女性が多い感じで、これも若手男性俳優が出てるからかな?

 普通の大学生4人組が1,200万ドルの希少本を盗み出すという、映画のテーマとしてはこれほど面白そうなネタはないのですが、ストーリーが進むに連れ不穏な匂いがプンプンします。俳優が演じている再現シーンの間に、実際の本人たちのインタビューシーンが挟まれるのですが、誰が始めようとしたとか盗みの話しをしていた場所とか重要人物の描写が、なぜか記憶が微妙に違っていたりして、実際にあった事件のはずなのに人によって事実が違うという。。。そのことはラストのオチ的なモノ(その考え方が正しいと事件自体起きなかった?)に近いところにも関係してくるので、事実として何を持って正解とするのかで物語が変わってしまう気がする。

(ヽ´ω`)

 参加した4人共スポーツの特待生であったり勉強や芸術に秀でていたりして、それなりに恵まれた立場。それでも「盗んだバイクで走り出す」衝動には贖えなかった若さとバカさ。渋谷の交差点でベットを置くぐらいなら笑って済まされるけれど、図書館の司書を怪我させてまで1,200万ドルの希少本を盗むとなると、全く違う話になる。まだ何者でもない若者が起こした事件は最初から「このままだと失敗するだろうな」と見る側は思っていて、事実そう終わる。犯罪が失敗に終わった後の彼らのヒリヒリ感は、見ていてキツイです。

(ヽ´ω`)

 最初に本を盗み出そうと思い立った二人が、盗品の買い取りをするブローカーに会いにケンタッキーからニューヨークへ行くのだけれど、そのニューヨークでのはしゃぎ振りを見ると、ただ単にケンタッキーの田舎から逃げ出したかったのかもとか思ったり。

(ヽ´ω`)

 面白かった。若さゆえの過ち的な話は好き。

 (ヽ´ω`)☆☆☆☆☆(ヽ´ω`)
posted by KIKI at 09:02| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月31日

柿生で花見(ヽ´ω`)

柿生駅から新百合ヶ丘駅まで麻生川沿いにある桜並木を花見しました。
20190331_123258.jpg
初めて来ましたが、なかなかの並木。
20190331_123501.jpg
露店もありました。
20190331_123926.jpg
ちょっとした大木。
20190331_124229.jpg
ダラダラ歩く。
20190331_124431.jpg
ちっちゃい桜。
20190331_124733.jpg
カルガモも花見。
20190331_132736.jpg
新百合ヶ丘の夢庵に到着。
20190331_133947.jpg
宇和島風鯛めし。
(ヽ´ω`)
posted by KIKI at 21:03| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月31日

◆『機動戦士ガンダムNT』観てきました(*´∀`*)

◆『機動戦士ガンダムNT』
20190130_155655.jpg
 「横浜ブルク13」で「機動戦士ガンダムNT」観てきました。16時45分からの上映回でスクリーン10の106座席に20人程。おっさんから大学生くらいまでで女性は20代くらいの一人だけ。平日のこの時間にしてはよく入ってます。

 「奇跡の子供たち」と言われたヨナとミシェルとリタ3人の数奇な運命を、暴走して行方不明になっていたユニコーンガンダム3号機フェネクスの捕獲作戦を絡めたストーリー。

 上映時間90分。テンポよく話が進むので時間が早く感じました。無駄な部分を削ぎ落とした感じで自分的には超好みな演出です。ちょっと間違えれば総集編的な映画になりかねないのに過不足なく3人の関係性を挿入してきて、モビルスーツの戦闘シーンもふんだんに入っています。まぁ、戦闘シーンはおじさんには少し動体視力が追いつかなくなってます。昔はマクロスのバドワイザーミサイルも見えたのに。。。
(*´∀`*)
 ユニコーンガンダム3号機フェネクスなんかレイズナーっぽいなぁと思っていたらレイズナーV-MAXの効果音を使っているらしい。さすがです。
(*´∀`*)
 最初、ちょっと古めというか濃いめというかのキャラクターデザインに違和感あったのだけど、すぐにそんな事は気にならなくなる。ただもうちょっと髪の毛の情報量はあっても良かったかなぁとも思う。連邦軍のパイロットたちの造形は好み。渋い。
(*´∀`*)
 富野由悠季氏はもうニュータイプはやりたくなさそうなので、こういう形でニュータイプの話を再構築するのは古いファンとしては大賛成。ただ、なんかゲッターロボとかイデオンぽくなってきてる気もしますが。主人公3人の人物構成はラブコメの設定そのものなんだけれど、90分の映画の中ではその構造がわかりやすくストリーに落とし込めていて、観ている側として入り込みやすかったです。
(*´∀`*)
 ラストに向けて「奇跡の子供たち」の悲劇が因果律を超えて、この話を終わらせるためのものだったのを暗示している感じがしてちょっと悲しい。結局は居場所のない(居場所をなくさせられた)人たちがその世界を右往左往しているだけじゃないのかとか思ったりして。

 ちょっと早めに横浜行ってテクテクテクテクしていました。
(*´∀`*)
20190130_145459.jpg
20190130_151445.jpg
posted by KIKI at 10:06| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月30日

(・∀・)仕事も終わったので『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第六章「回生篇」』観に行く。

 いつものTOHOシネマズ海老名で『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第六章「回生篇」』を観てきました。SCREEN10で13時35分からの上映。二十人程お客さんがいましたが、いつもの通りおっさんとおばさんだらけで若者は皆無。
(・∀・)
20181129_153031648.jpg
 ヤマトは加藤の裏切りによって波動エンジンが停止して彗星に墜落していく中、土方艦長は退艦命令が出すが古代進・森雪など一部の乗員が残ってしまう。そのさい事故で森雪が4年前の記憶を思い出すが、一方でその間のヤマトや古代の記憶を失ってしまう事に。一方、脱出した島や真田たちのヤマトクルーは波動実験艦の「銀河」に乗り込んで、時間断層大量生産した艦隊と共に白色彗星艦隊との戦いに向かいます。それは高度にAIでの制御された作戦戦術に、彼らの優れた行動パターンをフィードバックさせるために…。てな感じで進みます。
(・∀・)

 今回ヤマトが墜落した星がガトランティス発祥の地で、そこでガトランティスに対抗できる秘密を得るというご都合主義的な展開は良いとしても、その間の古代進と記憶を失った森雪の話が少なすぎる気が…。前シリーズの2199のときもそうだったけど古代と森の話をしたくないのだろうか?急に波動実験艦の艦長の過去のトラウマの話をされても感情移入できないです。女性艦長なのに胸揺れないし。
(・∀・)

 裏切った加藤の話はテンポよく挿入されていて、ウエットでもドライでも過ぎず良い感じだと思います。あまり引っ張りすぎてもストーリーのじゃまになるし。
 アンドロメダの山南修艦長が疾風怒涛の活躍します。いやもうキャプテンハーロック的な感じ。演出的に面白すぎる。
 そして話の最後にデスラー総統。そこに古代も森雪も…?
(・∀・)

 盛り上がってきているのか、とっちらかってきてるのかわかりませんが、次で終わりです。映画版的な終わりになるのか、TV版的な終わりになるのか、それとも全く違う感じになるのかわかりませんが、前回の2199は作画が力尽きていたのでそこらへんは頑張って欲しいです。TVでは直ってましたが。
(・∀・)

 ちなみに今回、山南艦長もクラウス・キーマンも目が良いなぁ…と。宇宙生活をしていると目が良くなるのか?
(・∀・)
20181129_225211.jpg
 そういえばジーベックってどうなるですかね?
(・∀・)
posted by KIKI at 00:14| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月02日

(*´∀`*)『2001年宇宙の旅』国立映画アーカイブでの70o版が観れなかったのでIMAXで観たよ。

 TOHOシネマズ ららぽーと横浜で『2001年宇宙の旅』IMAX上映で観る。17時5分からの回でパッと見20人以上は入っている感じ。おっさんばかりかと思いきや、自分の一つ席を挟んだ隣に若いお母さんと小学生3〜4年生が観てました。まぁ、子供の方は途中寝てましたが。
(*´∀`*)

20181101_164542914.jpg
 
 『2001年宇宙の旅』は今回初めて劇場で観ました。やはりTVモニターと違って大画面で観ると迫力あって良いですね。今のCG全盛の映画と見比べれば流石に野暮ったい所もありますが、ディスカバリー号にカメラが寄っていくシーンなんかは巨大感が半端ないです。コクピットのコンソール周りは時代を感じさせますが、宇宙船や船内のデザイは今のSF映画と比べても全く見劣りしません。
(*´∀`*)

 暴走したHAL9000をボーマン船長が機能停止させるシーンを見ながらボトムズの最終回を思い浮かべる人はアニオタです。
(*´∀`*)

 後半でボーマン船長がスターゲートを駆け抜けるシーンはさすがIMAX。大音量で「アトモスフェール」「ヴォルーミナ」の不協和音が流れる中で、スリットスキャン撮影でサイケで派手派手な色合いの光の束が高速で流れるさまは脳内麻薬が出てきそう。テレビサイズの画面や小さいスピーカーでは得られない体験。
(*´∀`*)

 入場とインターミッションの時の「アトモスフェール」を初めて聴いた。昔ダビングしたビデオテープでしか観たことがなかったからなんかちょっと感動。アマゾンプライムとかDVDとかには入っているのだろうか?エンドロールから退場曲にかけての「美しく青きドナウ」を最後まで聞いている人たちもいました。自分はトイレが行きたかったのでエンドロール終わって退場しました。
(*´∀`*)

20181101_195614018.jpg
posted by KIKI at 10:09| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月23日

「世界で一番ゴッホを描いた男」を海老名で観る。

 いつものイオンシネマ海老名で「世界で一番ゴッホを描いた男」観ました。ハッピーマンデーで1100円。19時35分上映回でスクリーン1の158席に7人程。日本映画の愛し合うだの理解し合うだのの猫が喋ったりとの予告にゲンナリする。「銃」はちょっと面白そう。

 映画の主人公は中国深セン市大芬(ダーフェン)の1万人はいる複製油絵のある画工・職人たち。ゴッホの映画を見て涙ぐんだり、飲みながら芸術論を語ったりと中々熱かったりします。独学でゴッホの絵を学び家族と弟子たちとで狭い自宅兼工房でゴッホの絵を描き続けるシャオヨンさんもその一人。20年間家族と共にゴッホの作品の複製品を10万点以上描いたすごい人です。そんなシャオヨンさんですが、本物のゴッホの作品があるオランダのアムステルダムのゴッホ美術館へ行って実際に感じてみたいという思いが募っていきます。
(*´ω`*)

 現実問題として工場で働いたほうが賃金が良く職人が辞めていくほどの資金繰りの中で、弟子でもある嫁に反対されたりして中国深セン市も夫としてちょっと辛いものがあります。何とか嫁さんを説き伏せてアムステルダムへ向かうも、画商だと思っていたクライアントがただの土産物屋で自分の絵も土産物の一つだったり、しかも8倍以上の値段で売られてたりしてちょっとショックな感じ。シャオヨンさんはタバコ吸って気分を落ち着かせたりしてます。

 まぁ、そうだわな〜(;´Д`)

 それでも本物のゴッホの作品を鑑賞したり行きつけのバーに行ったりお墓参りしたりしてシャオヨンさんなりに思うところが出来た様子。
(*´ω`*)

 作品中酔っ払ったシャオヨンさんが発する「職人は芸術家になれない」いうのは重い言葉。日本でもアニメーターやオタク系イラストレーターがクリエーターと持て囃されてたりしますが、やっている仕事は薄利な職人的仕事が多かったして他人事ではなかったりな感じもあります。
(・∀・)

 クライアントからいつ切られるかわからないし、無理な注文やスケジュールの中でクオリティとの兼ね合いもあったりと映画を観ていて辛くなります。
(;´Д`)

 映画の最初と最後に中国深セン市の街並みが出ますが、超近代的なビル群の足元にゴミゴミとしたアジアンテイストなシャオヨンさんたちも住んでいる小汚い町並みがあったりしてブレードランナー的で素敵です。なんだかんだ言ってエネルギッシュな場所なのでしょう。
(・∀・)

 オタク系はまだ個人で同人活動とかあるからなんとかなる感じだけど、伝統工芸やってる人たちとかは自分で好きかってやると補助金が出なくなって生活できなくなるとかニュースでやっていたな。
(・∀・)

ヽ(´ー`)ノ☆☆☆☆★ヽ(´ー`)ノ

 ちょっと演出臭いところもあったけれど面白く観れた。深セン市大芬の複製職人たちを6年間撮影したというから、この映画の何倍何十倍の映像があるのでしょう。それも観てみたいですね。
(・∀・)

20181022_191959.jpg
posted by KIKI at 10:16| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする